【20代向け】ドライブを確実に盛り上げるおすすめ曲23選 〜邦楽・洋楽ご紹介〜

いよいよやってきた本格的な夏。20代の皆さんはドライブを企画している人も多いでしょう。そこで今回、ドライブにハマる懐かしいJ-POPから、邦楽、洋楽の懐メロまで、20代なら盛り上がる人気曲を23曲ご紹介。誰もが一度は聞いたことがある音楽をピックアップしました。

記事の目次

  1. 1.20代の楽しいドライブに必要不可欠なもの、それは盛り上がる楽曲!
  2. 2.こんな音楽がおすすめ! ドライブ中にかけるとよい、20代が盛り上がる楽曲とは?
  3. 3.【20代向け】ドライブで確実に盛り上がる曲23選
  4. 4.【20代向け】ドライブで確実に盛り上がる曲23選 ~おすすめ邦楽編~
  5. 5.【20代向け】ドライブで確実に盛り上がる曲23選 ~おすすめ洋楽編~
  6. 6.まとめ

Maroon 5

アメリカのポップバンド・Maroon 5がポップス界の歌姫・Christina Aguileraとコラボした「Moves Like Jagger」。みんなで楽しく踊れるようなエレクトロなダンスナンバーとなっている同曲は、全世界で大ヒットしました。

曲中には、イギリスのロックバンド・The Rolling Stonesの「Miss You」と似た箇所も見受けられ、The Rolling Stonesのメンバー・Mick Jaggerのダンスムーブを再現しているようなダンスも特徴的です。

Taylor Swift

アメリカの音楽界を代表する歌姫のうちの一人・Taylor Swift。日本でも大人気の楽曲「Shake It Off」は、ビルボードの洋楽ランキングでももちろん首位の座を獲得。また、2015年の第58回グラミー賞で年間最優秀アルバム賞、最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム賞、最優秀ミュージック・ビデオ賞の3冠を受賞する快挙を成し遂げました。YouTubeのPV再生数も凄まじく、28億回以上を記録しています。

そんな“モンスターヒット曲”「Shake It Off」は、悩みを吹き飛ばしてくれるような快活なサウンドが印象的。僻みや妬み、ゴシップなどの周りの目を気にせず、自分らしく生き生きと笑う女性の姿が描かれた歌詞も、聴いていてスッキリするといった人が多いのではないでしょうか。ドライブにもハマる同曲をかけて、日頃溜まったストレスを振り落としてしまいましょう。

Austin Mahone

「Dirty Work」が大ヒットとなり、日本での知名度が急上昇したアメリカの人気若手シンガー・Austin Mahone。中毒性の高い、爽やかなトロピカルハウス風の楽曲「So Good」は、南国やビーチを彷彿とさせてくれるサウンドとなっており、夏にハマるおすすめの1曲です。

日本のシャイな男女へエールを送る“恋愛応援ソング”として作られた同楽曲は、意中の人に思いきって想いを伝えてほしいという想いが込められています。好きな人との夏のドライブにぴったりな1曲です。

INNA

数々のダンスフロアを沸かす、ルーマニアの歌姫・INNA。“世界一のお祭り番長”で知られるラッパーのPitbullを迎えた「Good Time」は、サマーパーティーチューンとなっています。

夏を感じさせる爽快なメロディーにダンスミュージックの要素が合わさった同楽曲は、楽しもう、愉快な時間を過ごそうといった想いがコンセプト。一度聴いたら病みつきになってしまうようなサウンドが特徴的でしょう。

Carly Rae Jepsen

思わず口ずさみたくなってしまうようなキャッチーなメロディーと、“あなたのことが本当に好き”という、いつの時代でも共感できるテーマが大ヒットへと繋がったCarly Rae Jepsenの「I Really Like You」。

ミュージックビデオにはTom HanksとJustin Bieberが出演している他、小松菜奈が主演を務めるLINE MUSICのCM曲としても起用され、話題を集めました。心が弾んでしまうような瞬間から、不安で頭がいっぱいになってしまうようなときまで“片想いあるある”を歌っている同楽曲。片想いの人が共感できることはもちろん、両想いの人にはどこか懐かしい気持ちにさせてくれるのではないでしょうか。

Charli XCX

昔に戻りたくなったとき、過去が懐かしくなったときなど、ふと時を巻き戻したくなったときは、Charli XCXの「1999」がおすすめです。

ミュージックビデオは、1999年の懐かしいネタがふんだんに詰め込まれており、「アメリカン・ビューティー」や「タイタニック」、「マトリックス」などの映画の他、Backstreet BoysやEminemなどのアーティストへのリスペクトが感じられる作品となっています。ドライブしながら、過去にタイムトリップしてみてはいかがでしょうか。

関連記事

Article Ranking