ピアノ発表会のプログラムは自作?外注?テンプレート配布サイトを紹介!

皆さんはピアノ発表会のプログラムを作るときに自作で作るか外注して業者に任せるか迷ったことはないでしょうか。実際どちらを選べばいいのか迷いますよね。そんな方の為に今回はピアノ発表会プログラムの自作と外注のメリット&デメリットをそれぞれ紹介していきたいと思います。

記事の目次

  1. 1.ピアノ発表会は自作派?任せる派?
  2. 2.ピアノ発表会のプログラム作成を任せる(外注)
  3. 3.ピアノ発表会のプログラムを自作する
  4. 4.まとめ

ピアノ発表会は自作派?任せる派?

Photo by yto

みなさんはピアノプログラムを作成するとき、どのようにして作成しているでしょうか。
外注して業者に作ってもらう人自作でオリジナルに作る人
意見は人それぞれだと思います。

今回は、ピアノプログラムを作成するにはどちらがいいのか、『自作』と『外注』両方のメリット&デメリットを紹介していきます。

ピアノ発表会のプログラム作成を任せる(外注)

メリット

Photo by quinn.anya

まずはピアノプログラムを外注する際に当たってのメリットについて解説していきます。
メリットをわかっていないと、何処がどういいのかを把握できず、自分に合わないほうを選んでしまう可能性があるので、しっかり見ていきましょう。

メリット1.手間がかからない

まず1つ目に挙げられるメリットとしては、手間がかからないというところです。
これは誰しもが頭に思い浮かぶメリットですよね。ピアノプログラムを業者に外注するとしたら、デザインなどを選んで注文し数日待てば完璧に仕上がったプログラムが届きます。

ピアノ発表会の準備において1番手間がかかるであろうプログラム作成を、何もしないで完成させれたらほかの事に充分な時間を使えますよね。
なので、ピアノプログラム作成に時間を使いたくないなという方々は、外注で業者に頼んだほうが良いといえます。

メリット2.技術が高い

外注で業者に頼むメリット2つ目は技術が高いということです。
どういうことかというと、自作するとしたら1.2人、多くても5人ほどの素人で作成しますよね。
しかし当たり前ですが業者は『専門の会社』です。素人が作るものと段違いに質が良いものを提供してくれます。

なので、自分たちの作るプログラムに自信がない方などは、業者に外注して作成してもらったほうが良いといえます。

デメリット

Photo by sboneham

ピアノプログラムを外注する際のメリットを紹介し終わったので、今度はデメリットを紹介していきたいと思います。
外注の良いところだけでなく、悪い点もしっかり見ておかないと、後々公開する可能性もあるのでしっかり押さえておきましょう。

デメリット1.費用が掛かる

まずデメリット1つ目に挙げられるのは作成費用が掛かるというところです。
これは外注をしようと思っていた方誰しもが懸念していたものではないでしょうか。勿論のことですが、自分たちで作るのではなく他人に頼んで作成してもらうので費用は掛かります。

デメリットを紹介し終わった後に下に費用の相場を記載しますが、もしピアノプログラムを作成するにあたって、費用を出したくないという方がいるのであれば、業者に頼まずに、自作でプログラムを作成したほうがよさそうですね。

デメリット2.オリジナリティが出せない

デメリットの2つ目として挙げるのがオリジナリティが出せないというところです。
どういうことかというと、外注する際は、「どういう雰囲気にしたいか」や「どういう構成にしたいか」などの大まかなところは注文できますが、もっと細かなところの作成は受け付けていない業者が大半です。

業者側が細かいところを受け付けてしまうと、もっと作成に掛かるお金が増えてしまったり、人員を増やしたりしないといけなくなるので、断っている会社が多いのだと思います。

なので、自分好みのプログラムを仕上げたいという方には、業者に頼むのでは無く自作するのが良いと思います。

費用の相場

Photo bygeralt

ピアノプログラムを外注するにあたっての『メリット&デメリット』を紹介したところで、外注の際非常に重要な相場について説明していきます。

先ほど、デメリットを紹介した際にも言いましたが、費用についての懸念を抱いている方は多いのではないでしょうか。そもそもピアノプログラム作成会社はどのように注文を承り、どのように値段を設定しているのかというと、【部数】と【サイズ】によって値段を変えています。

「ピアノ発表会プログラム作成.TOKYO」という業者さんを例にすると、『50部』の『A3サイズ2つ折り』で26400円という値段になっています。
このように部数とサイズ、業者ごとに値段は変わるので、相場がどれくらいかを断言することは難しいですが、比較的小さなピアノ発表会であれば2万円~5万円。比較的大きな発表会であれば、5万円~8万円で作成してもらうことができます。

しかし、これに関しては各サイトの値段を閲覧したほうが良く理解できると思うので、下に紹介するおすすめのサイトを閲覧したほうが早いと思います。

おすすめのサービス

【ピアノ発表会プログラム作成.TOKYO】

特徴

  • 満足度業界ナンバーワン
  • デザインや雰囲気を選ぶだけで3~4日で実物が届く
  • 格安

簡単・早く・低価格でピアノ発表会プログラムを作成! |ピアノ発表会プログラム印刷.TOKYO
【ピアノ発表会プログラム制作】専門HPです。100種類以上のテンプレートの中からデザインを選ぶだけ!15分の簡単注文で激安高品質なプログラムを作成印刷しお届けします。プログラムは思い出のアルバム。プログラム作成印刷のプロにお任せください。

【オンデマンドP】

特徴

  • 完成品を選ぶことができる
  • オプションの数が豊富で表紙も選ぶことができる
  • 最短2日でできるという迅速な対応

少部数印刷・小ロット印刷専門【オンデマンドP】
少部数・小ロット・オンデマンド印刷の専門店「オンデマンドP」。10部からの小ロット印刷に対応します。最短当日出荷可。

【たよれ~る】

特徴

  • 自由性が高い注文が可能
  • 創業90年を超える信頼がある業者
  • デザインがおしゃれ

「たよれーる」企業のさまざまな業務をサポート | 大塚商会
総務、人事、財務、情報システムなど、ITの活用はもちろんサポートまで、企業のさまざまな業務をワンストップで支援。大塚商会の「たよれーる」は間接業務の効率化を実現します。

ピアノ発表会のプログラムを自作する

関連記事

Article Ranking