40代男性におすすめのカラオケで盛り上がる曲20選!【人気/定番/ヒット曲】

もうすぐ忘年会シーズンです。働き盛りの40代の男性なら、会社の飲み会や同僚とカラオケに行く機会が多いのではないでしょうか。また、40代男性とカラオケに行く後輩職員もいるのではないでしょうか。今日は、40代男性におすすめのカラオケで盛り上がる曲を紹介します。

記事の目次

  1. 1.40代男性におすすめのカラオケで盛り上がる曲20選
  2. 2.まとめ

ff(フォルテシモ)/HOUND DOG

HOUND DOGの10枚目のシングルで、多くの方に親しまれている名曲です。
カラオケでも40代男性によく歌われます。

1985年8月25日にリリースされ、日清カップヌードルのCM曲にも起用されました。
まさにロックという感じがする力強い曲で、聞いているだけで元気が出てきます。

この曲で印象的なのは、「愛がすべてさ」というサビの部分です。
夢を叶えるために遠く離れていくのは、愛する人のためなんだという主人公の愛の強さが伝わってきます。
ぜひ力強く、歌い上げてください。
 

innocent world(イノセントワールド)/ Mr.Children

Mr.Childrenの5枚目のシングル曲で、日本レコード大賞を受賞した名曲です。
カラオケに少し自信がある40代男性なら、きっと挑戦したくなる曲です。

1994年6月1日にリリースされ、通算2週、初の週間オリコンランキング1位、年間1位を獲得、200万枚を売り上げ、2ミリオンセラーになりました。
CMソングにも起用され、皆に知られる爽やかな名曲です。

失恋もし、夢もあり、純粋な気持ちで前に進んでいくという曲です。
明るく爽やかな曲が、毎日に疲れた気持ちを前向きにさせてくれます。



 

とんぼ/長渕剛

長渕剛の20枚目のシングルで、長渕剛自身が主演するTBS系テレビドラマ「とんぼ」の主題歌として、有名になりました。
40代は、きっとこのテレビドラマを見たことがあるのではないでしょうか。

1988年10月26日にシングルがリリースされ、オリコンランキングで5週連続1位を獲得し、シングルは103.5枚を売り上げ、ミリオンセラーとなりました。
アコースティックギターを奏でながら演奏されるフォークロック調のこの曲は、どこか哀愁を感じさせます。

東京に憧れて上京し、苦悩の毎日を送る若者を描くこの曲は、心にじんと響くものがあります。
ちょっと渋めのカラオケナンバーです。

TSUNAMI/サザンオールスターズ

サザンオールスターズの44枚目のシングルで、40代だけでなく、多くの人に懐メロとして親しまれている代表作の一つです。
2000年1月26日にリリースされ、累計293万枚を売り上げ、週間オリコンランキング通算5週1位、上半期・年間1位を獲得しました。

失恋の悲しみが、タイトルの「TSUNAMI」に例えられています。
大サビで波のように押し寄せる侘しさが、その後にスッと消えていきます。

しっとりとダイナミックにカラオケで歌いたい曲です。

浪漫飛行/米米CLUB

米米CLUBの10枚目のシングルで、1990年にJAL沖縄旅行のキャンペーンソングにも起用された曲です。
南の島の砂浜に、米米CLUBの独特な世界観が組み合わさった印象的なCMだったの覚えています。

この曲は、1990年4月8日にリリースされ、週間オリコンランキング1位(東日本)、年間2位を取得しています。
40代のカラオケナンバーの中でよく知られた曲の一つです。

ふわっとしたリズミカルで楽しい音楽が、皆に愛されています。
トランク一つで、今すぐにでも、飛び立ちたくなってしまうような曲です。

ギザギザハートの子守歌/チェッカーズ

昭和のアイドルグループ、チェッカーズのデビューシングルです。
40代の青春時代の曲として懐かしがられるカラオケ曲の一つです。

1983年9月21日にリリースされ、2枚目のシングル「涙のリクエスト」、3枚目のシングル「哀しくてジェラシー」と共にヒット曲となりました。

「ちっちゃな頃から悪ガキで…」とツッパリ風な雰囲気と、チェッカーズの雰囲気にギャップがあるのが特徴的です。
昭和の懐メロとして、カラオケ歌って踊って楽しんでみてください。

 

ウケる曲編

関連記事

Article Ranking