カラオケで勉強は意外とあり?メリットや禁止している店舗はあるのか紹介

老若男女問わず愛されているカラオケ。歌うところというイメージが強いカラオケですが、勉強はありなのでしょうか。カラオケで勉強を禁止している店舗はあるのかを調べましたので、メリットや禁止している店舗はあるのかご紹介いたします。

記事の目次

  1. 1.カラオケで勉強
  2. 2.カラオケで勉強するメリット
  3. 3.カラオケで勉強の注意点
  4. 4.カラオケで勉強を禁止している店舗はある?
  5. 5.まとめ

カラオケで勉強

最近ひそかに学生の中で流行っているカラオケで勉強、通称「カラ勉」。

中学生や高校生などは家での勉強は捗らないという理由で、一時期ドトールやスタバで勉強することが増えていましたが、場所を変えなければ集中力もなくなってくるということで、カラオケで勉強する学生が増えてきています。

実際に1年前まで筆者もカラオケボックスにてアルバイトをしていたのですが、団体でカラオケ利用をする中学生や高校生が多かったです。それも、歌っている様子はなかったので、きっと勉強をしに来ていたのだと思います。

そんな最近流行りだした「カラ勉」ですが、どのようなメリットがあるのかなどを次の見出しからまとめていますので、ぜひ見てみてください。

マイク
Photo byPexels

カラオケで勉強するメリット

まずはカラオケで学生が勉強するメリットを何個かに分けてまとめてみました。

メリットを見て「いいかも!」と思いましたら真似してみるのもいいかもしれませんね。
 

カラオケで勉強するメリット:集中力があがる

冒頭にも記載しましたが、家で勉強するには少し集中力がかける。だからといって、学校に残るのも周りの友人から「あいつガリ勉かよ~」とみられるのも嫌ですよね。

そうなるとお店の利用になるのですが、カラオケで勉強(通称:カラ勉)が流行る前はカフェ(スタバ、ドトール等)やファミレスがよくつかわれていました。

ですが、カフェやファミレスも場所が慣れてくるとほかの場所で勉強がしたくなりますね。

そこでカラオケが登場しました。

遊びに行くイメージが強いカラオケボックスですが、勉強にも向いてる環境に大変身です♪

集中
Photo byvideorevive

カラオケで勉強するメリット:コスパが良い

学生にカラオケで勉強が選ばれる理由としてはコスパが良いことが挙げられます。

多くのカラオケでは平日20時まで学割適用などがありますよね。

実際に筆者がバイトをしていたカラオケボックスでは、平日朝8時から20時まで学生フリータイムが500円+税でした。

ワンコイン+税で済むならお財布にも優しいカラオケが選ばれますね♪

また、フリータイムにはドリンクバーがついていることもあり、飲み物も自由に飲みながら勉強ができます。

店舗によってはソフトクリームやコーンスープ、コンソメスープなどがあったりもします。

そのため、総合的に見て、カフェとファミレスのいいとこどりという感じになるでしょう。

お金
Photo by stevendepolo

カラオケで勉強するメリット:個室

関連記事

Article Ranking