カラオケで自分の歌を録音する方法3選をご紹介!

カラオケで自分の歌声がどう聞こえているのか知りたい。そう思う人は多いのではないでしょうか。いざスマホで録音してみても音質が悪く思うようにいかないことが多いです。カラオケを上達させるためにもここでいくつか録音の仕方を学んでおきましょう。

カラオケを録音したい

あなたはなぜ自分の歌を録音しようと思ったのでしょうか?

ただ漠然とカラオケボックスで歌を録音しても歌唱力の向上は見込めません。なぜそう思ったのか、録音してどこを伸ばしたいのか。

少しでも自分のカラオケの歌唱力にプラスになるように考えていくことが大切です。
 

音程(ピッチ)を改善したい

男性 歌
Photo by Siegfy

まずカラオケで一番初めに確認するべきポイントは音程です。

絶対音感がない人の取る音程は、少なからずズレるものです。カラオケについている採点機能のピッチは正確ではありますが、加点される幅がかなり広いのでいざ聞いてみると違和感を覚えることがかなりあります。

歌唱中には気づけないことが多いので録音して確認したいポイントです。
 

表現力を身に付けたい

女性 歌
フリー写真素材ぱくたそ

表現力はカラオケで重要なポイントです。

カラオケの採点で数値としては出ますが、聴き心地までは測れません。しかし苦しそう・ビブラートが乱れている・ずっと声を張り上げているなど悪い点を見つけることができます。

またビブラートをかけ過ぎていたり、しゃくりやフォールが多すぎるのもカラオケの点数は上がりますが、聴き心地が悪くなる原因になります。

細かい表現力が確認できるのも録音ならではの魅力です。

動画配信サイトに自分の歌をアップしたい

男性 毎日7時に配信中
フリー写真素材ぱくたそ

最近ではネットに自分の歌をあげ、そこからプロボーカリストになるケースもあります。

動画編集の知識も必要になってきますが、自分の歌をネットにアップするには録音した音源が必須です。

カラオケボックスでの録音や録画は個人練習で使用するだけなら問題ないので、録音や録画の仕方に慣れるためにもなるべく行うといいでしょう。

カラオケで自分の歌を録音する方法3選

カラオケで録音したい!と思ってもやり方がわからない人もいると思います。簡単なものから音質も含めて、自分の歌を録音する方法をご紹介していきます。

カラオケで自分の歌を録音する方法① スマホを使う

Iphone 3色
フリー写真素材ぱくたそ

もっとも身近で扱いやすいものは「スマホ」です。録音も録画も同時にできるので編集の手間も省けます。ただ音が割れやすいのでカラオケ自体の音量を下げる必要があり、人によっては気持ちよく歌えないかもしれません。

また他の録音機材に比べ「圧倒的に音質が悪い」です。iphoneはAndroidよりも比較的録音の音質は良いです。

録画に使用する場合もスマホは避けたほうがいいでしょう。ビデオカメラで録画するよりも画質が悪くなってしまいますので、編集や見直しをしたいときに満足いく仕上がりにならないと思います。

カラオケで自分の歌を録音する方法② DAMとも録音を使う

カラオケの機種「DAM」専用になりますが、DAMともの会員登録をすると自分の歌を録音をすることができるようになります。また録音した歌をその場で聞くことができるので、カラオケボックス内でどんな風に自分の歌が聞こえているのか確認するのに向いています。ちょっとした休憩中にも流せるので便利です。

DAMには店頭で専用のCD(600円程)を買い録音をする機能もありますが、曲数に制限がある・値段が高い・雑音が入るという以下の点でオススメはしません。音質はICレコーダーよりもいいです。

カラオケで自分の歌を録音する方法③ 自前のICレコーダーを使う

こちらが一番オススメの録音方法です。部屋の反響から自分の歌の抑揚、ピッチまで音質を損なうことなく録音することができます。ただ難点としてICレコーダーを買うのに1万円前後かかります。

CDやスマホよりも再生や巻き戻しがしやすい・高音質・練習がはかどるなどメリットがたくさんあるので、しっかり録音したい人はICレコーダーをオススメします!

カラオケの録音は違法?

自分が歌っているんだから録音してもいいんじゃない?と思っている人が多いと思います。しかし一歩間違えると著作権に違反してしまい、訴えられるなんてこともあるかもしれません。

どういう使用方法なら問題がないのか、またどのようなケースの場合著作権に違反してしまうのでしょうか?

著作隣接権について知ろう!

ライブ会場や映画館などでよく目にするのが著作権です。

カラオケ音源はDAMやJOY SOUNDが作ったもので、その音源には著作権があります。この著作者に許可なくネットに上げてしまうと「著作隣接権」違反になってしまうのです。これは音楽に関わらず他のジャンルでも同じことが言えます。気をつけましょう。

カラオケの録音はできないんじゃないの?

男性 机
フリー写真素材ぱくたそ

カラオケボックスで自分の歌っている姿を録音したり録画するのは違法ではありません。自宅で鑑賞するのも大丈夫です。

ただその音源や動画を動画配信サイトにアップしたり、CDに焼いて売ったりすると「著作隣接権」違法になります。またカラオケの店頭で買ったCDも他人に譲渡すると違法になります。

カラオケで録音や録画をする場合は「練習での使用のみ」にしましょう。

カラオケの音源をネットにアップする方法はないの?

著作権のことはわかったけどどうしても歌をネットにアップしたい!そんなあなたにカラオケに備え付けられている配信機器をご紹介します。

DAMとものサービスを使う

DAMともに会員登録をすると、備え付けの機器で自分の歌っている姿と歌をDAMともコンテンツ内で配信することができます。他の人とコラボできたり、歌唱奇跡を見ながら聞き直せたりするのでオススメです!

JOY SOUND うたスキを使う

JOY SOUNDのうたスキにログインすると、備え付けの機器で録画と録音をすることができます。
うたスキ内の配信に加え「ニコニコ動画」にもアップすることができるので、人気者になる確率がグッと上がりそうですね!

【まとめ】カラオケの録音は法律の範囲内で行いましょう

マイク
Photo byDidgeman

カラオケで録音する方法をご紹介してきました。気軽に楽しめるカラオケですが一歩間違えてしまうと法律に触れてしまうかもしれません。あくまで練習目的だけに使用し、これからもカラオケを楽しんでいただけたらと思います。

関連記事