【サカナクション】人気ロックバンド、サカナクションのメンバーを徹底紹介!

日本を代表するロックバンドであるサカナクション。魅力的な音楽を作るサカナクションのメンバーは一体どんな人たちなのでしょうか?音楽に負けず劣らず個性的なメンバーがそろっています。ここでは5人のメンバーそれぞれのプロフィールや素顔に迫ってみたいと思います!

記事の目次

  1. 1.サカナクションは日本を代表するロックバンド
  2. 2.サカナクションメンバーを徹底紹介!
  3. 3.まとめ

サカナクションは日本を代表するロックバンド

サカナクションは現在の日本のミュージックシーンのトップを走るバンドです。

2005年に結成され、2007年にアルバム『GO TO THE FUTURE』でデビューしました。
そのサウンドはダンスミュージックとJ-POP、歌謡曲などを繋げたユニークなものです。
ボーカルの山口一郎がほぼすべての作詞作曲を行っていますが、そのソングライティングも高く評価されています。

2013年のアルバム『sakanaction』でサカナクションは初のオリコンアルバムチャート1位を獲得します。
その年の年末には紅白歌合戦にも出場し、音楽ファンだけではなく一般的にも広く知られる存在となりました。

サカナクションはライブにも定評があり、これまでも多くのライブDVDをリリースしています。
武道館や幕張メッセでもライブを行うなど、日本でトップクラスの人気を誇っています。
サカナクションのライブでは照明や音響などにもこだわり、アリーナクラスの大きな会場でも
6.1chのスピーカーシステムを導入するなど、画期的な試みを行っています。

毎回趣向を凝らした個性的なミュージックビデオにも注目が集まっています。
2010年リリースのシングル「アルクアラウンド」のMVでは、SPACE SHOWER Music Video AwardsにおいてBest Director賞を受賞しています。

2019年にリリースしたアルバム『834.194』は2枚組のボリュームでありながらオリコンアルバムチャートの2位を記録し、
アリーナクラスのツアーも各会場満員となる大盛況となりました。

日本を代表するロックバンドであるサカナクション。
そのバンドメンバー5人は一体どんなプロフィールを持っているのでしょうか。

メンバー全員で東京に進出

サカナクションのメンバーは5人です。
バンドが結成されたのは2005年で、札幌で結成されました。

地元札幌のライブハウスを中心に活動していましたが、転機が訪れたのは2006年です。

毎年北海道で開催される、日本を代表する夏フェスのひとつであるライジングサン・ロック・フェスティバル。
その中で、一般公募で出演することのできる「RISING STAR」という企画枠があるのです。
サカナクションは868組の中から見事に選出され、地元北海道のフェスに出演することとなりました。
これをきっかけに知名度が上がり、翌2007年のメジャーデビューにつながっていくのです。

2008年のセカンドアルバム『NIGHT FISHING』までは札幌を拠点に活動していましたが、より大きな可能性を求めて東京に進出します。

北海道出身のメンバーにとっては大きな決断でした。
しかしその決断が間違いではなかったことは、現在のサカナクションの成功が証明していると思います。

サカナクションメンバーを徹底紹介!

それではサカナクションのメンバー5人について、詳しく紹介していきましょう。
5人中2人が女子メンバーであることも、サカナクションの特徴のひとつです。

山口一郎(Vo.)

誰もが認めるサカナクションの中心

まずはボーカル兼ギターの山口一郎さん。
1980年9月8日生まれで、北海道小樽市出身です。

サカナクションのほぼすべての曲で作詞作曲を担当しており、文字通りバンドの中心です。
ライブでも主にMCをしており、まさにフロントマンの役割を果たしています。

山口さんの実家は元々小樽市で喫茶店を営んでいました。
お店では時折ライブなども行われていたそうで、フォーク歌手の友部正人なども演奏していたようです。
そうしたライブを見たり、お店で流れる音楽を聞くことで音楽に興味を持ち、ギターを手にしたのです。

10代から詞や曲を書き始め、17歳の頃にはビクターの育成枠として採用されました。
札幌で「ダッチマン」というバンドを結成しライブハウスを中心に活動を始めます。
このダッチマンが、後のサカナクションとなっていくのです。

山口さんは釣り好きとしても知られており、様々なメディアで釣りについて話しています。
サカナクションというバンド名もそうですが、曲名や歌詞の中に釣りに関する言葉が多く出てきます。

岡崎英美(Key.)

メンバー随一のファッションセンス?ライブでの衣装に注目!

キーボード担当の岡崎英美さん。
1983年10月5日生まれで、小樽市出身です。

彼女は元々ピアノを習っていて、将来はピアノの先生になりたいと思っていたこともあるそうです。
山口一郎とは同じ小樽市出身で、バイト先の同僚として知り合いました。
それがきっかけでサカナクションに加入したのです。
メンバーやファンからは「ザッキー」「ザキオカ」とも呼ばれています。

岡崎さんのキーボード演奏はピアノを習っていただけあってとても安定しています。
特に「バッハの旋律を夜に聴いたせいです。」で聞かせるピアノはライブでも見せ場のひとつです。

最近のライブでは岡崎さんの衣装にも注目が集まっています。
背中にトゲトゲがあったり、宇宙服のようだったりと非常に奇抜で意味不明な衣装なのです。
他のメンバーに比べてもひときわ目立ちます。

何か吹っ切れたような思い切った衣装で楽しませてくれています。
ぜひライブでは岡崎さんの衣装に注目してください。

岩寺基晴(Gt.)

最も古い付き合いのメンバー

ギター・コーラス担当の岩寺基晴さん。
1981年3月11日生まれ、北海道札幌市出身です。
メンバーやファンからは「モッチ」と呼ばれています。

山口さんがサカナクション以前に結成していたバンド、ダッチマン時代からのメンバーで、山口さんと共に最も古いメンバーになります。

サカナクションは元々山口さんと岩寺さんの2人でスタートしたバンドです。
当時のライブでは山口さんのDJに岩寺さんがアドリブでギターをかぶせていくというスタイルだったそうです。

サカナクションの音楽はダンスミュージックの影響も強いですが、その中で岩寺さんのキラキラしたギターの音がとてもいいアクセントになっています。

付き合いが長い分、山口さんの頭の中にある音楽を最もよく理解しているメンバーなのかもしれません。

江島啓一(Dr.)

ファンからメンバーに?

ドラム担当の江島啓一さん。
1981年7月8日生まれ、札幌市出身です。
メンバーやファンからは「エジー」と呼ばれています。

元々他のバンドでドラムを叩いていましたが、サカナクションやその前のバンドダッチマンと対バンしたこともあるそうです。
普通にお客さんとしてサカナクションのライブを見に行ったりもしていたそうです。

その後、知人の紹介でサカナクションに加入することになります。
加入の決め手になったのは山口一郎さんの書く歌詞や曲とのこと。

興味のある面白そうなバンドはたくさんいたが、一緒にやりたいと思うソングライターは山口さんだけだったそうです。

バンドの絆や信頼感が伝わってくるエピソードですね。

草刈愛美(Ba.)

サカナクションのグルーヴマスター

ベース・コーラス担当の草刈愛美さん。
1980年4月30日生まれ、東京都出身です。
メンバーやファンからは敬意をこめて「姐さん」と呼ばれています。
メンバーの中では草刈さんだけが北海道出身ではありません。

10代の頃から様々なバンドで演奏していた草刈さんは、札幌のインディーズシーンでは名前の知られたベーシストだったそうです。
当時のバンドが解散し、サポートで参加していたサカナクションに正式加入することとなったのです。

草刈さんのベースプレイは美しくしなやかで、そしてファンキーです。
サカナクションとイベントで共演した元YMOの高橋幸宏氏も、「ベースの子は絶対に手放しちゃダメだよ」と山口さんに言ったそうです。

私生活では2015年に第一子を出産しました。
肝っ玉母さんとして、サカナクションの屋台骨を支える凄腕ベーシストなのです。

まとめ

サカナクションのメンバーについて詳しくご紹介しました。

サウンドと同じように、メンバーの個性も際立っているのがサカナクションの特徴だと思います。
山口一郎さんの才能に惹かれるように集まったメンバーたちの絆と信頼感もサカナクションの魅力につながっているのでしょう。
歌詞の意味や作品のコンセプトなど、メンバー全員が同じ意識を共有できていることは彼らの音楽からも伝わってきます。

サカナクションはまだまだ大きく進化していくと思います。
これからの活躍にも期待しましょう。

関連記事