【21選】秋冬に聴きたくなる、おすすめの切ない・泣ける曲ランキング決定版!

秋や冬、ちょっと肌寒くなると気分もややメランコリックになりがちです。そんなときにさらに切ない歌や泣ける歌を聴きたくなるものではないでしょうか?こちらでは秋や冬におすすめの、ちょっぴり切なく泣ける曲を21曲、洋楽からジャズまでピックアップしました!

夏が終わり秋の訪れを感じると聴きたい曲も変わる

秋冬 おすすめの曲
フリー写真素材ぱくたそ

夏休みも終わり、9月も終盤に入ってくるとセミの鳴き声も聴こえなくなり、夜には秋の虫が鳴きだす季節となります。

10月も終盤になればだいぶ肌寒くもなり、日本の北の方ではそろそろ冬の便りも聞かれるころでしょう。

夏の間は「夏休み」「バカンス」「青空」「海」など明るいワードのイメージのため、弾けるような歌、ファンキーな曲、ポップな曲など明るい曲をついチョイスしてしまいますし、聴きたくなる、という方は多いのではないでしょうか。

しかし季節が変わり、秋になってくるとなんとなく明るくはじけるような曲を聴きたい、という気分でもなく、聴きたい歌も変わってくるものですよね。

秋や冬にぴったりの歌とは?

秋冬 おすすめの曲
Photo byjpeter2

秋や冬に聴きたくなる曲とは、どんな傾向の曲でしょうか?

秋というと紅葉、そして落ち葉、枯れ葉などのイメージがあります。また、日が短くなりますから夜の訪れも早くなり、夏に比べれば寂しさや哀愁、などを感じることが多くなりますよね。

そんなイメージからか、秋に聴きたくなる曲というのはどことなく切ない恋愛ソングが多い気がします。切ない、というのがポイントで、明るい恋愛ソングよりも失恋を歌った曲ですとか、別れをイメージさせるような曲を、ついチョイスしてしまいますし、秋冬に聴きたい曲ランキング、などを見てもそういった選曲が多いと感じます。

秋や冬にぴったりの歌、どこでどんな時に聴きたい?

秋冬 おすすめの曲
フリー写真素材ぱくたそ

ところで秋や冬にぴったりの曲、みなさんはどんな時にどこで聴きたいですか?

もちろんそれは人それぞれだと思いますが、例えば1人晩秋の道をドライブしながら、部屋でぼんやり過ごしながら、秋の夜に読書しながら、など色々でしょう。しかしどんなシチュエーションであれ、秋や冬にぴったりの曲はなんとなく「1人で聴く」というイメージが強い気がします。

そこでこちらでは、秋冬にぴったりのおすすめソングを21曲、洋楽邦楽、ジャズやクラシックまでピックアップしてご紹介します。

秋の夜長に、そして1人のドライブなどのお供に、いかがでしょうか?

秋冬に聴きたくなる、おすすめの切ない・泣ける曲・歌ランキング21選!

秋冬おすすめの歌邦楽編

山崎まさよし / One more time,One more chance

秋の歌、というとなんとなくですが山崎まさよしの曲がまず最初に浮かびました。

「One more time,One more chance」は彼の代表曲の1つといっていいでしょう。アコギが中心のシンプルな曲ですが、そのサウンドと、どこか失恋を思わせる歌詞がぴったり重なって切なく哀しく、秋や冬に聴きたい曲、に繋がってきます。

晩秋の夜などにいかがでしょうか。

三日月 / 綾香

人気女性シンガーの綾香さん。彼女の代表曲の一つ、「三日月」は秋に聴きたい曲としておすすめです。

月、というワードが秋を連想させますし、離れている恋人を思う切ない歌詞がぐっと胸をえぐるようですね。遠距離恋愛中の方には間違いなく刺さる曲といっていいでしょう。1人部屋で夜空を見上げながら浸ってみては?その時の状況によっては本当に泣ける曲ではないでしょうか。

SEKAI NO OWARI / スノーマジックファンタジー

2014年に発売された、SEKAI NO OWARIの「スノーマジックファンタジー」は、冬にぴったりの曲としてチョイスしました。
JR東日本の「JR SKI SKI」のCMソング に起用されており、聴いたことがある、という方も多いでしょう。

冬らしい華やかさと、冬に聴くからこそ感じる暖かみがおすすめポイントです。
 

鬼塚ちひろ / 月光

女性人気シンガーの鬼塚ちひろの「月光」は、切なく哀しい歌詞がいいですね。2000年のヒット曲ですが未だに色あせず、秋の夜に一人で聴いたらハマってしまいそうな曲です。彼女の切なげで、しかし力強い声がとても素敵です。サビの部分では思わず泣けてきそうですね。

やはり「月」を題材にした曲は秋をイメージしがちですね。

フジファブリック / 赤黄色の金木犀

「赤黄色の金木犀」はフジファブリックが2004年にリリースした曲です。金木犀というタイトルから秋を連想させますし、この曲を聴いていると金木犀の香りが想像できるようですね。

歌詞の中に含まれる秋を思わせる言葉と、失恋をとてもうまく組み合わせ、切ない恋の終わりの物語を作り上げています。

一人で感傷に浸りたい秋の夜におすすめです。

関連記事

Article Ranking