【aiko】aiko人気曲16選!カラオケでこれを歌えば盛り上がること間違いなし!

aikoの人気曲・名曲をご紹介します。カブトムシ、KissHugなど誰もが知っていそうなオリコン上位の歌もまとめました。

恋愛ソングの女王aikoの歌をマスターすれば、カラオケモテするのも間違いなし?どの曲をチョイスすればいいかの参考にどうぞ。

恋愛ソングの女王の代名詞とも言える、aiko

まとめⅠ(通常盤)

参考価格: 2,880円

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon2,880円

恋愛ソングの女王といえば……aiko!!

片思いの時も、失恋した時も、両想いになった時も。

何気なくaikoの曲を聴いていた、なんてことあるあるなはずです!

「カブトムシが上手く歌える女の子好きなんだよなー!」という男子もたくさんいるはずですし、この機会にaikoの歌をたくさんストックしてみてはいかがですか?

ここでは、そんなaikoの人気曲を16選ご紹介しちゃいます♪
カラオケで人気者になれること間違いなしですよ~!

【16選】aikoのカラオケで盛り上がること間違いない名曲16選!

それでは、aikoの人気曲をぞくぞくとご紹介していきます!
誰もが知っている曲もたくさん並んでいるので、カラオケウケも間違いなし♪

花火

aikoメジャーシングル3作目の花火。

彼女初のオリコン最高位10位を獲得した人気曲で、アーティストとしての知名度を大きくアップさせた曲と言っても過言ではないでしょう。

この曲は一見明るい曲調ですが、歌詞を読みこんでいくと切ない歌です。
タイトルにもある“花火”自体、すぐに消えゆくはかないものなので、意外と想像できちゃう人も多いかもしれませんね。

歌詞の中では、好きだけどあきらめざるを得ない相手に恋している乙女心が描かれていると筆者はとらえています。(いろんな解釈があるかと思いますが……)

忘れたくても夢の中に好きな人は現れる。
そのたびに切ない気持ちになる。

歌詞にもある

疲れてるんならやめれば?

これは、そんな切ない気持ちを脱するための誘惑の言葉なのでしょう。

最終的に

最後の残り火に手をふった

これは、好きな人への思いに決着がついた(つけた、というのが正しいでしょうか)ことを連想させる歌詞ですね。

と、こんなふうに、花火は夏の切ない失恋ソングです。

収録アルバム:『桜の木の下』

カブトムシ

aikoメジャーシングル4作目のカブトムシ。
aikoといえばこの曲!となるくらい、誰もが知る人気曲です。

この曲がリリースされたのは1999年のことなので、ちょうど20年。
今もなお愛されるラブバラードで「女子にカラオケで歌ってほしい歌」に選ばれてもおかしくないのではないでしょうか。

さて、なぜこの曲には“カブトムシ”が出てくるのでしょう?

その答えはaiko自身が語っており「カブトムシは一番強い昆虫だけど、甲羅一枚はがすともろくなり実は寂しい昆虫じゃないかと考えるから」なのだとか。

人は時に、自分の気持ちを素直に言い表せない時もあるでしょう。例えば

悩んでる身体が熱くて 指先は凍える程冷たい
「どうした はやく言ってしまえ」
そう言われてもあたしは弱い

本当は辛いことがあるのに、いろいろと考えてしまうと素直に思いを口に出せない……。

そんな気持ちを抱いている歌詞の主人公ですが、自分のことを気にかけているお相手を大切に想っていることが歌詞の中でわかります。

少し背の高いあなたの耳に寄せたおでこ
甘い匂いに誘われたあたしはかぶとむし
流れ星ながれる 苦しうれし胸の痛み
生涯忘れることはないでしょう
生涯忘れることはないでしょう

有名なこの一節。
一度聴いたら、頭に残るフレーズですよね。

“生涯忘れることはないでしょう”がリピートされているところにも、お相手を想う強い気持ちが描かれているのではないでしょうか。

収録アルバム:『桜の木の下』

桜の時

aikoメジャーシングル5作目の桜の時。
前作のカブトムシから一転、明るくポップな両想いソングです。

この曲は、付き合いたての彼氏がいる彼女の乙女心がストレートに表されています。

大嫌いだった雨の日も、彼のおかげで虹を意識するようになり好きになる。

このように嬉しい影響を与えてくれる彼と、ずっとずっと一緒にいたい!
そんな気持ちが伝わってくるフレーズがこちら。

右手をつないで 優しくつないでまっすぐ前を見て
どんな困難だってたいした事ナイって言えるように
ゆっくりゆっくり 時間を越えてまた違う
幸せなキスをするのがあなたであるように

これから起こりうる困難も笑い飛ばして、長い時間をあなたと過ごしたい。

そう思えるお相手に会えたら、とても素敵なことですよね♡

収録アルバム:『桜の木の下』

関連記事

Article Ranking