【宇多田ヒカル】11選!ファンが厳選する宇多田ヒカルのおすすめ曲ランキング11決定版!

常に日本の音楽界のトップランキングに君臨する歌姫、宇多田ヒカル。彼女のヒット曲は多数ありますが、どの曲が一体おすすめなのでしょうか?こちらでは宇多田ヒカルのファンが厳選するおすすめ曲を11曲、ランキング形式にしてご紹介!あなたの好きな曲はありますか?

圧倒的歌姫と称される宇多田ヒカル

宇多田ヒカルのデビューは1998年

宇多田ヒカル ランキングクリックするとAmazon商品ページへ飛びます

宇多田ヒカルは1983年1月19日にアメリカはニューヨークで生まれました。父は音楽プロデューサーの宇多田照實、母は歌手の藤圭子という音楽一家に育ち、5歳の時にはすでに歌手になろうと思っていたそうです。

1990年には両親との3人のユニット「U3」を結成し、宇多田ヒカルが10歳になったときには母に替わってボーカルを務めるようになりました。1993年にはアルバムを発表し、日本デビューも果たしています。しばらくこの家族3人でのユニットでの活動をしていましたが、そんなおり、ディレクターの三宅彰から声をかけられ、日本語で歌ったCDを発売します。

そしてこの出会いが宇多田ヒカルの運命を大きく変えることになり、彼女は1998年にシングル「Automatic」で宇多田ヒカルとしてデビューするのです。

常にランキングのトップにいる宇多田ヒカル

宇多田ヒカル ランキングクリックするとAmazon商品ページへ飛びます

1998年デビュー当時彼女は15歳、そして彼女の類まれなる歌唱力やその作詞作曲能力などを合わせ、瞬く間に彼女は時の人となりました。シングルは売り上げ200万枚を突破、そしてデビューアルバム「First Love」は売り上げ750万枚以上、と、これは日本国内のCDセールスで1位、という記録で未だ破られていません。

以降、彼女は2019年までに7枚のスタジオアルバムを発表、こちらは全て1位を獲得しています。また、シングルは22曲(配信を入れると30曲近く)、こちらもほとんどがオリコンチャートで1位を獲得するという、まさに「日本音楽界の歌姫」と言える快挙を成し遂げています。

彼女の作り出す曲、そして特に歌詞はまるで文学のようだとも言われ、彼女の独特の感性でつづられるその歌詞、世界に引き込まれるファンも多く、特に女性から支持を集めています。

こちらではそんな宇多田ヒカルの、ファンから人気を集めている11曲をピックアップしてお届けします。

宇多田ヒカルの私生活は?恋愛、結婚や離婚

宇多田ヒカル ランキングクリックするとAmazon商品ページへ飛びます

1998年デビュー以降、常にランキングのトップに君臨する宇多田ヒカル。15歳デビュー時から、歌がうまい、だけでなく「かわいい」とも言われ、人気を集めていましたが、私生活のほう、恋愛や結婚などについてはどうでしょうか。

彼女は2002年に、映画監督で写真家の紀里谷和明と結婚しています。しかし2007年には離婚。
2013年には母の藤圭子の死という衝撃的なニュースもありました。それを乗り越え、彼女は2014年にイタリア人男性と再婚をします。そして2015年には男の子を出産、お母さんになりました。

最近の彼女の写真などを見ても、「かわいい」から「大人の美しさ」を伴うようになってきたように感じますね。若いころから色々と乗り越えてきたその経験が、彼女をそうさせたのでしょう。

宇多田ヒカルの活動休止から復活まで

宇多田ヒカル ランキングクリックするとAmazon商品ページへ飛びます

1998年、15歳でデビューした宇多田ヒカルは、発表するシングル、アルバムどれもランキングのトップを獲得する大ヒットとなり、ずっと順風満帆だったように映ります。しかし彼女もずっと走り続けてきたわけではありません。宇多田ヒカルは2010年に「人間活動に専念する」として一旦活動の休止を発表しました。

15歳でデビュー、一気に注目を集めるようになり、20歳で結婚、24歳で離婚、と、あまりに若いうちに色々と経験しすぎてしまった彼女にとって、その休息はちょっと分かるような気もしました。

しかし人間活動中も2012年には映画『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q』のテーマソング「桜流し」を配信、DVDシングルを発表もしています。

そして2016年、NHKの朝ドラ、「とと姉ちゃん」の主題歌、「花束を君に」で、またアーティスト活動に復帰することになるのです。

関連記事

Article Ranking