【CMソング】カップヌードルのCMは個性派の魅力が爆発している!歴代のカップヌードルCMソングを一挙ご紹介!

日清のカップヌードルの歴史は長く、最近では朝ドラでも描かれたりしていました。歴史が長い分CMも多く作られ、沢山の曲が使用されました。中にはシリーズ化して好評を得ているものも多くあります。こちらではカップヌードルの歴代CM曲を一挙にまとめました!

カップヌードルのCMは面白い!ついつい見入ってしまう魅力

さまざまなシリーズが作られ、たくさんの曲が使われている

カップヌードル CM
フリー写真素材ぱくたそ

カップヌードルのCMの歴史は長く、その長い歴史の中でたくさんのCM、シリーズが作られてきています。また、ストーリー仕立てであったりロングバージョンがあったり何かと視聴者、消費者の興味を惹かせるものが多いですね。
最近ではNHKの連続テレビ小説「まんぷく♪」がインスタントラーメン、カップヌードルが作られるまでを描いたドラマだったこともあり、注目度も高まっているところでもあります。

カップヌードルのCMは初期こそ映像と曲(映像は特にかわいい女の子が使われることが多かったですね)という構成でしたが次第にさまざまなシリーズが作られるようになり、楽しませてくれています。
近年ではさまざまな有名アニメのその後(現在)のキャラたちを描いた「アオハルシリーズ」が話題となっており人気ですし、他にもサムライ編、HUNGRY DAYS編、FREEDOMシリーズなどたくさんの作品がCMとして作られています。そしてまた、使われている曲もクラシックからロック、メタルまで盛りだくさん、尾崎豊からマキシマムザホルモンなどまで、魅力あふれるアーティストが勢ぞろいしています。
 

種類豊富な商品展開

カップヌードル CM
Photo by [puamelia]

カップヌードルは種類も本当に豊富です。シーフードやカレー、しょうゆは定番として、チリトマト、トムヤンクンなどの面白ネタ、カロリーを気にする方用にスープヌードルやライトなど、また、高年齢向けに和風だしのものなど、バラエティに富んでいます。特にカロリーを気にする方用に開発されていた商品は人気で、現在はスープヌードルは「あっさりおいしいカップヌードル」、そしてライトはカップヌードルナイスとして改良されて発売されています。もちろんそれぞれCMがあり、有名アーティストの曲が使われています。商品が豊富だとそれだけCMも多く作られるわけですから、使われる曲数も多くなるわけですね。

カップヌードルのCMはいつから放映されているか?歴史は?

カップヌードル CM 曲クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

そもそもカップヌードルはいつ発売され、CMはいつから放映されているのか、その歴史について見てみましょう。
カップヌードルの歴史はさかのぼること1971年、日清食品が発売を開始したものです。もうすぐ50年の歴史になるんですね。そしてCMの歴史はというと、CMは発売の年、1971年に放送開始しています。

その、最初のCMはオリジナル曲で、「日清カップヌードル ハッピーじゃないか」、そして作詞は阿久悠、作曲は小林亜星、歌は笹井紀美子とデューク・エイセス、と当時の大スターによるものでした。このように歴史をさかのぼってみると、カップヌードルは昔から常にその時代の先端をいっていたのですね。

それではカップヌードルのCMの歴史を振り返り、2019年までのものですがより印象的だったものをご紹介します。クラシックからロックまで、おたのしみください。

カップヌードルのCM曲、かわいい女の子が出てくるシリーズ

『どっちを向いてもそこが明日さ』/ 亀井登志夫

カップヌードル CM 曲クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

こちらは1982年に放映されていたCMです。かわいい女の子をめぐっての恋のゲレンデレースを描いているのですが悠長にカップヌードルを食べているかわいい女の子にやっぱり目がいってしまうCMです。「ここへおいでよ、心と心」という歌詞もいいですね。
最近ではあまりなくなった傾向ですが昔はかわいい女の子がカップヌードルを食べているシーンは多かった気がしますね。2019年現在では老若男女問わずカップヌードルにはなじみがありますが、昔は抵抗もある人も多かったのでしょうか。
女の子だってカップヌードルを食べるんだ、ということを意識したものなのでしょうね。「恋人を争うレースもある」というナレーションが印象的なCMでした。

2018年カップヌードルナイスCM オリジナル楽曲

こちらは2018年に放送されていたカップヌードルナイスのCM。カップヌードルナイスはカロリーを気にする方のためのヌードルで、これなら2つ食べれる!というなんともユニークなもの。曲、歌詞ともにオリジナルソングで、歌はCMに出演しているプラス・マイナスの岩橋良昌さん。
しかしこのCMでは後半に「頭よろしおすなあ」と声をかける女の子がかわいい!と話題になりました。実際、カップヌードルナイス、CMで検索すると「女の子」「かわいい」と出るほどに、2018年に放映されたときにはこの女の子に話題が集まったようです。
この女の子を演じるのは成宮しずくさんという女優さん。2006年生まれということなので2018年時点で12歳、ということになります。大人っぽい感じで将来が楽しみな女優さんですね。CM出演の女の子がかわいいと話題になるのもわかる気がします。

『I Don't Wanna Miss A Thing』/ Aerosmith

こちらはカップヌードルの人気CMシリーズ、アオハルかよ、でお馴染みのHUNGRY DAYSの最終回に起用された曲で、2018年1月から放送されていました。巨大隕石が落ちてくる中、告白をする高校生の男の子、女の子カップルのバックに流れるAerosmithのこの曲がぴったりマッチですね。Aerosmithの『ミス・ア・シング』は映画アルマゲドンに使われていたこともあり、こういう背景にはぴったりですね。
 

2019年カップヌードル味噌CM

こちらは2019年放送の、カップヌードル味噌のCMです。ここに登場するかわいい女の子はキズナアイ。今話題のVTuberの女の子で、動画がかなり人気の女の子です。いわゆるVTubeの先駆けとも言える彼女をCMに起用してくるとはさすが日清、ともいうべきでしょうか。曲はクラシック曲の中では有名な「パッヘルベルのカノン」を和風にアレンジしたもの。クラシックも合いますよね。かわいい女の子とヌードルのコラボはやはりいつの時代もいいものかもしれません。

関連記事

Article Ranking