音楽用語「lento(レント)」の意味を解説!

音楽用語lento(レント)とは、速度記号ですが、どのくらいの速さで演奏するのでしょう。lento(レント)で演奏される曲には、ショパンの「別れの曲」やラフマニノフの「鐘」などがあります。ここでは、音楽用語「lento(レント)」の意味をご紹介します。

音楽用語「lento(レント)」の意味とは?

lento(レント)とは、クラシック音楽で使われる速度記号のひとつです。
イタリア語で、「遅く、ゆるやかに」を意味します。

メトロノームでいえば、だいたい♩=52前後の速さです。

ショパンの「別れの曲」の有名なメロディーもlento(レント)で演奏されています。
(この動画の冒頭から1:41までの部分です。)

Adagio(アダージョ)との違い

同様の意味の速度記号に、Adagio(アダージョ)がありますが、lento(レント)とは少しニュアンスが異なります。

lento(レント)には、のんびりした、少し緩んだという意味があります。

一方、Adagio(アダージョ)は、心地よい、安心した状態という意味があります。
このことから、前者は、少し遅いと感じるテンポ、後者はゆっくりでも心地良さを感じるくらいのテンポのイメージです。

のイメージ
音楽のテンポと速度記号一覧と意味をご紹介!
音楽を演奏する際、テンポはとても重要です。特にクラシック音楽の場合、楽譜に指示されたテンポと大きくかけ離れた演奏をしてしまうと、本来の音楽ではなくなってしまいます。ここでは、音楽のテンポと様々な速度記号についてご紹介します。

関連記事

Article Ranking