【音楽理論】調号とは何か?初心者にも分かりやすく丁寧に解説

楽譜の頭に「♯」や「♭」がついていることがあります。
これを調号といいます。
調号はその曲の調性、いわゆるキー(KEY)を表しています。
よく「ハ長調」とか「C」とか言われるものです。
今回は、調号が何を意味しているのかをご説明します。

記事の目次

  1. 1.【調号まとめ】調号一覧
  2. 2.【調号まとめ】まずは基本から…長調と短調とはどんな意味がある?
  3. 3.【調号まとめ】長調と短調の意味がわかったら…調号の中にあるハ長調・ニ長調とは何?
  4. 4.【調号まとめ】調号の意味
  5. 5.【調号まとめ】そのほかにはどんな調がある?

「ハ」の次は「ニ」です。

ここまでくれば、何となく想像できますよね?
「二長調」は「ニ」、つまり「レ」から出発する長調です。
つまり、「レ」から「全全半全全全半」で並べればいいわけです。

まずは鍵盤を見てください。
レから全全と行くと、ミとファの音が半音しかありません。
そこで、もう半音分上げる必要があるので、ファの上の黒鍵に進みます。
したがって、レ、ミと来たらファ#となります。
#は半音上げる、という約束でしたよね。

ファ#の次は全全半ときますので、今度はソの白鍵に戻ります。
そして、ソ、ラ、シと全、全ときて、シで全音進みますが、こちらもシとドの間が半音しかありませんのでド#で黒鍵に進みます。
最後に、ド#から半音でレの白鍵に戻って音階が完成しました。

続いて、五線譜を見てみます。
先ほどの通り、ファとドは半音上げて黒鍵を弾きますので、ファとドの部分に♯がついていることがわかります。
これが「二長調」の音階です。

あらためて調号と調のお話し

二長調の五線譜をもう一度見てみましょう。

二長調ではファとドに♯がつくことはわかりました。
でも、実際に曲を書こうとすると、ファとドが出てくるたびに♯をつける必要があります。
こうなると、書くほうも大変ですが、読むほうだって毎度毎度出てくると、読みにくくてかないません。

そこで、楽譜の最初に、「この曲はファとドに♯がつく約束にして、いちいち書きませんよ!」と宣言することにしました。

こんなふうになります。

二長調では赤丸のとおり、ファとドに♯がつきますよ、と宣言しているわけです。

この楽譜の頭についている♯や♭を「調号」といいます。
これで調号がその曲の調を表していることがわかりました。

逆にいえば、その曲の調の見分け方は調号を見ればよい、ということになります。

【調号まとめ】調号の意味

ここまで見てきたとおり、長調は音の並びが「全全半全全全半」、短調は「全全半全全半全全」となるんでしたよね。

あとは、○長調の○がハであればドから、二であればレからというふうに、音階の出発地点を表していることがわかりました。

で、実際に長調や短調の音を並べてみて、♯や♭がつく音が出てきます。
この♯や♭をいちいち書かないで済むように、あらかじめ譜面の最初にまとめて書いてしまいましょう、ということで書かれた記号を調号といいました。

そういうわけで、調号がその曲の調を表している、ということが理解できたでしょうか?

もう一度、調号と調の関係を見てみましょう。

その曲の調の見分け方は調号を見ればよい、と言いました。

例えば、先ほどの二長調はシャープが2つついてます。

さらにシャープ3つになると、長調では「イ長調」となります。
つまり、「イ」ですから「ラ」から出発する長調となるんでしたよね?

一方、短調では「嬰ヘ短調」と書いてあります。
この「嬰」とはシャープを日本語で表記したものです。
つまり「嬰ヘ」とは、「ファの♯」であり、「ファ♯」から出発する短調となるわけです。

また、フラットは「変」と言います。
例えば、調号でフラット2つの長調は「変ロ長調」と書いてありますので、「変ロ」、すなわち「シ♭」から出発する長調となります。

ただ、実際に曲を弾いたりする際に調の名前が分からない!と思っても大丈夫。
先ほどのシャープ3つではイ長調または嬰へ短調ですが、要は調号の部分のフラットやシャープに気を付けて演奏すればどちらかの調の音が鳴る、というわけです。

【調号まとめ】そのほかにはどんな調がある?

例えば、次の譜面を見てみましょう。

※実際の譜面上は冒頭の16分音符2音はアウフタクトです。

なんだか、シャープがたくさんついてますよね?

先ほどの表をみるとシャープが6つです。
この曲は長調ですので「嬰へ長調」、つまりファ♯から出発する長調です。
それで、シャープが6つにもなると、鍵盤上はほとんど黒鍵です。

ほとんど黒鍵の曲と言えば・・・
そう、この譜面は「ねこふんじゃった」の出だしの部分です。
だれもが1度は弾いたことがあるのではないでしょうか。
この曲は実は「嬰へ長調」で書かれてるんですね。

ほとんど使われない変ハ長調

変ハ長調とは、「変ハ」つまり、ドのフラットから出発する音階です。
先ほどの表ではフラット7個です(笑)。

あれ?ドの半音したって黒鍵ないんじゃなかったけ?と思われた方、鋭いです。
シとドの間は半音階しかないんでしたよね。
「変ハ」とは結局「シ」から始まる音階になります。

いやいや、「シ」から出発する長調「ロ長調」がすでにあるでしょ!とさらに鋭い指摘がありそうです。

実際に聞いてみましょう。
 

一緒だろ!!!と怒らないでください。

あくまでも音階と調のルール上、こういうのもあるよ、ということです。
ご指摘の通り、通常はロ長調が用いられれ、変ハ長調はほとんど用いられないです。

ただ、こういう調もありますよ、ということだけ知っておいてください。

関連記事

Article Ranking